セラミドの基礎知識

セラミド製品について、外から成分を補給する化粧品についてお話をしてきましたが、セラミドを補給する方法はこれだけではなく、食品から摂るという方法もあります。

サイトトップ >

スポンサードリンク

セラミドの基礎知識

セラミドとは


セラミドは化粧品の成分となっているので、その名称については既に知っている人も多いかと思いますが、その内容についてはどうでしょうか。

このセラミド (ceramide)というのはスフィンゴ脂質の一種のことで、スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物群の総称です。

スフィンゴ脂質は殆ど動物界で存在する複合脂質で、細胞膜に高い濃度で存在することがわかっています。

最近では、乾燥時に肌を守る保湿成分として注目されていますが、そんなことから、セラミドは外界から人の肌表面を守っている肌バリアとしての存在であり、欠かせない角質層の重要成分となっています。

その理由は肌の角質層にある細胞間脂質という脂質の中の約50%を占めている水に対して不溶性の物質であるからで、水分の保持と肌の保護のためには理想的なブロックとなり肌バリアを築くからです。

肌の一番上が角質層なのですが、ここは皮脂という油分に覆われています。普段は皮脂や角質が肌の上をカバーして、水分の蒸発を防ぎ肌の潤いを保っていますが、空気の乾燥する時期や、食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れなどにより、これらが傷ついて回復が間に合わなくなると、肌の水分は蒸発して乾燥肌になってしまうのです。そんな時、肌の下の層にあるセラミドが役に立つわけです。

セラミドの基礎知識

MENU



スポンサードリンク